【英語初心者がスピーチをするコツ】自己紹介と例文で完成度は決まる

英語を学習している人にとって、英語でカッコよくスピーチすることは憧れのひとつですよね。

 

その反面、人前で話す機会が少ない私たち日本人にとって、英語でスピーチをするなんてすごく難しいことのように感じるかもしれませんが、そんなに難しく堅苦しく考える必要はありません。

アメリカでは、スピーチはおおげさなことではなく、日々よくあることです。

英語を学び始めるとスピーチをする機会が出てくるかもしれません。

スピーチは自分のことや、自分の考えを人に伝えて共有するよい機会なので、どんどんチャレンジしたいですよね。

 

ここでは初心者がスピーチができるようになるための3つのことをご紹介します。

 

  • スピーチの作り方の基本
  • スピーチのコツ
  • スピーチで使える基礎フレーズ、自己紹介フレーズ

 

これをきちんと知れば、簡単なスピーチにすぐチャレンジすることができます。

是非、ここでしっかり学んで、スピーチにチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク


スピーチの基本的な作り方

meyasu-eng

私たち日本人は、学校であまりスピーチを学んでいないのでどう作ったらいいかわからない人も多いですよね。

スピーチは、下準備がすごく大切です。

スピーチをする前に、何をどんな目的で話すのが整理しましょう。

 

そして、誰に、どんな場所で話すのか、どれくらいの時間があるのかを、紙に書き出して明確にします。

オーディエンスひとつでも、専門的なことを知っている人なのか、特定のグループのひとなのか、気軽に話す仲間なのか…などなど、内容を左右することが沢山ありますね。

それなのに、これらを明確にせずに、スピーチを作ってしまって、でき上がってから後悔してしまうパターンがとても多いので要注意です。

初心者の簡単なスピーチだからと、手を抜かずこれらを、しっかり調べて準備することで自分の自信にもつながります。

 

スピーチの方向性が決まったら、スピーチを作ります。

英語のスピーチは、大きく分けて3つのパートに分けることができます。

 

オープニング、本編、結論の3つです。

 

  1. オープニングでは、伝えたいことを先に言ってしまうことが多いです。このスピーチを聞くことで、何がわかるのかを先に知らないと興味がわかないからです。
  2. 本編では細かい内容を説明します。
  3. そして、最後に結論部分で、言いたいことをまとめます。

 

ほとんどの人が、最初と最後しか記憶に残らないと言われていて、この2カ所に伝えたいことを凝縮します。

 

初心者のスピーチのコツ

point6

スピーチでは正しい英語や分かりやすい英語を使うことももちろん大切ですが、英語力はすぐにアップさせることができませんよね。

特に、初心者の段階では、あれこれ難しいテクニックを覚えるよりもスピーチの基本を意識することが大切です。

ここでは、英語の正しさ、語彙力以外で、すぐに改善できるスピーチの3つのコツをご紹介します。

 

1、ゆっくり話す

スピーチをする時は、「ゆっくりすぎるかも?」と思うくらいのスピードで話しましょう。

すごく基本的なことですが、一番気をつけたいことです。

緊張すると、多くの人が早口になってしまうので、ゆっくり話すくらいがちょうどよいです。

そして、ゆっくり話すことを意識することで、ひとつひとつの発音をクリアにはっきり話すので、あなたの英語が相手に伝わりやすくなります。

 

2、メモを棒読みしない

日本人がやりがちなのですが、スピーチを全てメモに書きだして、それを見ながら話してしまうのは、聞き手にとってとても聞きにくいスピーチになるのでやめましょう。

話す内容を思い出すために必要なキーワードだけ、メモに入れます。

 

最初はキーワードだけメモをしてスピーチしても、結果的に全て事前に用意した文章を暗記して話すことになるかもしれませんが、それでも、メモを読み上げるより、話す方にしっかり意識をおいて話すことができるので、英語としては聞き取りやすくなります。

 

もちろん、この方法で話すためには、事前の練習が必要です。

練習の回数は自信の度合いにかなり関係するので、いいスピーチをしたければ、しっかり練習しましょう。

 

3、ビジュアルエイドを使う

スピーチでは、言葉だけで伝えるのではなく、スライドや、図、写真など視覚で伝えることも重要です。

英語ではこれをビジュアルエイドといって、スピーチでは重要なテクニックのひとつです。

特に、英語が苦手な場合、ビジュアルエイドをフルに活用することで、言葉で伝わらない部分をカバーすることができます。

また、ビジュアルエイドを使うと、視線が自分に常に集中しないので、あがりやすい人の緊張対策としても有効です。

 

スポンサーリンク


スピーチで使える基本フレーズ

bunrei

実際のスピーチで使える、自己紹介の例や、基本フレーズをご紹介します。

ご自身のスピーチの内容にあわせて、アレンジして使ってみてください。

 

■自己紹介

スピーチの始めの自己紹介の例をご紹介します。

 

Hello, everyone. My name is Hiroshi Tanaka.

みなさんこんにちは!田中弘です。

 

I’m in charge of marketing department at ABC Company.

ABC社で営業部を担当しています。
Thank you for attending to this presentation.

プレゼンテーション(スピーチ)にご参加いただきありがとうございます。

 

■スピーチで使える基本フレーズ

 

Today, I’d like to talk about ~.

今日お話しするのは、~についてです。

 

Let me explain about ~.
~について説明させてください。

 

I have three points to talk.

3つのお話ししたいポイントがあります。

 

First of all, ~.

初めに~です。

 

As the result, ~.

結果として~でした。

 

This graph shows ~.

このグラフは~を表わしています。

 

According to the research ~ .

研究によると~です。

 

Please take a look at the handout.
資料をご覧ください。

 

Thank you for listing.

お聞きいただきありがとうございました。

 

If you have any question, feel free to ask.

ご質問がありましたらお気軽にどうぞ。

 

スピーチでは、これらのお決まりのフレーズがあるので、慣れるまではそのフレーズをうまく組み合わせながら作ることがおすすめです。

スピーチフレーズを集めた本も販売されているので、1冊用意すると便利です。

 

まとめ

benkyo

初心者のスピーチは、基本のフレーズを使ってできるだけ簡単な表現でまとめることが大切です。

 

英語力はすぐに上げることができないので、難しい単語を使うことを意識するよりも、できるだけ簡単なフレーズで、スピーチのコツをしっかり意識するほうが、わかりやすいスピーチになります。

もちろん、正しい文法や表現であれば、伝わりやすいので、可能であれば英語ができる人に一度スピーチの内容を確認してもらうとさらによいでしょう。

スポンサーリンク


 

当サイトでよく読まれている&人気の記事です 

 

魔裟斗にも勝ったメンディーみたいに6パックに腹筋を劇的に割るコツ

【手相の結婚線】当たってる?当たってない?その真実とは?

メンズもレディースも関係なしのおしゃれコーデ ジャージ編

すぐに使える1歳児、2歳児への誕生日プレゼント選びテクニック

浜松にオープンしたブログでも話題のうなぎパイのニコエが凄かった。

VEETの除毛クリームを実際に使って世界NO1の効果を確かめた。

【ヘアカラーのアッシュ系】市販カラーリングは美容師さんもおススメ

すぐ落ちて困ってる?アッシュ系ヘアカラーの色落ちを劇的に防ぐアレ

知ってる?市販のヘアカラーでプリン状態からキレイに染めるコツ

市販でブリーチするならコレを使え!美容師おすすめブリーチの使い方

英語を独学で身に付けるために使う高評価のおすすめ参考書と教材

価格も考えた掃除機おすすめメーカーはこれ。ダイソン買ったら負け組

犬の抜け毛で困っている人必見!!ペット用掃除機のおすすめリスト

JRも太鼓判!マキタのリチウム掃除機は家庭でも業務用でも最高峰

【買って良かった掃除機、損した掃除機】メーカーごとの徹底比較

【沖縄旅行で雨が降ったら?】台風シーズンの時期と雨の日の過ごし方

USJのオフィシャルホテルの比較!調べてわかった本当の格安ホテル

明日は?今週は?USJ(ユニバ)の天気予報がすぐにわかるまとめ

明日は?今週は?ディズニー(舞浜)の天気予報がすぐにわかるまとめ

【ディズニーレストランの楽しみ方】おすすめレストラン徹底攻略

【costco】コストコ通販は非会員でも利用可能なのはなぜ?

【菓子パンを冷凍保存】おいしい食べ方を色々試したら激ウマだった

コメントを残す

このページの先頭へ