【語学留学の持ち物】持っていけばよかったと思うもの一覧(国別編)

これさえあれば大丈夫!語学留学の持ち物

語学留学は何を持って行ったらいいのだろうと持ち物で悩んでいませんか?

 

色々あったら便利かもしれないけれど、持っていける量も限られているので悩む人も多いのではないでしょうか。

実際、持って行ったけれど使わないものも多くありますよね。

 

そこで、語学留学の持ち物について、アメリカ、ドイツ、中国と3カ国に留学した経験をもとに、解説したいと思います。

 

基本的に語学留学の持ち物については、国ごとの差はあまりありません。

多少、国によってあったら便利なものがある場合もありますが、基本的な持ち物はどの国に留学しても同じなので、留学全般の持ち物についてご紹介します。

スポンサーリンク


留学の持ち物はできるだけ少なく!が鉄則

caryybag

持ち物を準備する時の心構えとして、ひとつ覚えておいてほしいことがあります。

 

留学の持ち物はできるだけ少なくすることが基本です。

あれば便利と思うものもたくさんあるかも知れませんが、それらのほとんどは無くても困らない物です。

 

基本的に、日本で買えるものの多くは他の国でも買えます。

必要なものは現地で調達すればOKです。

現地で買い物をして、生活用品を探すことや、現地のものを使って不便を感じることも留学の貴重な体験です。

たくさん持って行きたいものがあって、スーツケースにうまく入っても、重さが飛行機に載せられる制限を超えていると、国際線では高額の超過料金が発生するので要注意です。

 

語学留学で必要な持ち物

kaigai-ryokou

ここでは、パスポート、ビザ、海外旅行保険など留学で必須なものは省いて、その他の最低限必要な持ち物をご紹介します。

 

・日用雑貨(シャンプー、ボディーソープ、歯ブラシなど)

1~2週間分の最低限必要な量があれば十分です。

どうしても、これじゃないといけないというものがあれば持って行ってもよいでしょう。

 

・常備薬

薬は、国によって違いがあります。

アメリカなどは、効き目が強すぎる場合があります。

風邪薬、頭痛薬など最低限の常備薬は持って行くことをおすすめします。

 

・電子辞書

 

語学留学で必ず必要なものです。

紙の辞書は無くてもよいですが、私は英和、和英がセットになったポケットタイプは、慣れると電子辞書より早く探せるので便利でした。

 

・コンセントアダプター

国によって、コンセントのジャックが違うものがあります。日本から家電を持って行く場合は、必要に応じて、コンセントを変換するアダプターを持って行きましょう。

 

・携帯電話(充電器なども含む)

1年未満であれば、日本の携帯電話を持って行く人も多いと思います。海外使用時の設定など、事前に携帯会社に確認しておきましょう。

海外で正しい設定をせずに、間違えて使ってしまうと、高額請求が来てしまう可能性があります。

 

・パソコン

留学先でレポートを書いたり、リサーチをするのに必要なのでパソコンは必須アイテムです。

留学先でパソコンを使える部屋がある場合もありますが、日本との連絡の場合には日本語が打てるパソコンが必要ですし、時間の制限が無く自由に使えるパソコンがあると便利です。

 

・服の着替え

留学の場合は、Tシャツにジーンズなどラフな服をメインに準備しましょう。

洗い替えも必要なので、一週間分くらいはあったほうがよいでしょう。

 

ただ、現地でも買えますし、現地の服装にあわせて、服を選んだほうが良いのであまりたくさん持って行かなくてもよいです。

日本から服を持って行く場合は、英語など文字が書いていない物を選びましょう。

外国人がきている日本語の服のように、ネイティブから見ると、変な英語が書かれているものが日本でたくさん売られているので要注意です。

 

・スーツや正装

現地で面接等に行く予定がある場合は、必要です。

それ以外は不要で、必要になった場合、現地の日本人に借りるという手もあります。

ドレスについてですが、持って行ってもいいですが、現地でも安いものが買えるところが多いので、買ってもよいと思います。

 

・日本食

インスタントみそ汁など、長期保存がきいてかさばらない日本食が少しあればよいでしょう。日本食が恋しくなった時に、食べたり、現地の友達にプレゼントしたりします。

大都市であれば、少し値段が高くなりますが、現地でも日本食が手に入るところも多いです。

 

・文房具

文房具は、日本のものが質がいいですが、現地でももちろん買えるので必要以上に持って行く必要はありません。

 

語学留学の持ち物としては、基本的にはここで紹介したもので十分です。

その他、ホームステイをする場合はお土産や、現地で日本文化を伝える場合は、浴衣を持って行くなど、必要に応じて、持ち物を追加すればOKです。

スポンサーリンク


持ち込みに注意が必要なもの

tenimostu

留学に必要なものは、国ごとの違いはあまりありませんが、持ち込み出来ない物は国ごとに違うので注意する必要があります。

 

■アメリカ

アメリカは荷物を預ける際に、スーツケースの鍵をかけてはいけないことになっています。

かけて預けると、検査の時に壊されてしまうこともよくあるので要注意です。

 

アメリカに食品を持ち込む場合は申告が必要です。

小さなものでも、スーツケースをあけて検査される可能性もあるので事前に申告しておきましょう。

申告していないと、罰金などの刑罰の対象になる可能性があります。

 

内容物の表示がないものは没収されるので要注意です。

 

果物や肉類は持ち込み不可です。

レトルトカレーや、ビーフジャーキー、カップラーメンなど、肉が含まれているもの全体的に持ち込み出来ないので要注意です。

 

■カナダ

7e57a22c873657eb3d12d2450165aac1_s

カナダは持ち込み品に関しては、アメリカとほぼ同じルールが適用されます。

アメリカ同様、肉製品の持ち込みは禁止です。

 

■イギリス

 

0d0f3b3238f60553f389dc9528eedd45_s

肉製品の持ち込みが禁止されています。

 

■オーストラリア

オーストラリアは、持ち込み品の規制が厳しい国なので要注意です。

 

肉製品はオーストラリアも禁止ですが、常温で6カ月以上保存できる缶詰など一部持ち込み可能なものもあります。

卵製品も持ち込みが禁止で、日本人はマヨネーズの持ち込みで引っ掛かる場合が多いです。

また、魚類の持ち込みも厳しく規制されています。

 

まとめ

hikouki

語学留学は、一度現地に行くとしばらく帰ってこられないので、「あれもあったほうがいいのではないか?」と、ついついたくさん持って行きたくなってしまいます。

 

しかし、慣れない海外なので、移動も大変ですし、税関でもトラブルのもとなので、できるだけ荷物をコンパクトにまとめることがおすすめです。

 

留学で持って行かなくて本当に困ったものはないです。

どうしても必要なものはあとで、家族に頼んで日本からも送れますしね。

 

とはいえ、リュックだけで行くと、逆に怪しまれて、税関で長時間取り調べられたという話しをよく聞きます。

最低限、スーツケースは持って行くとよいでしょう。

日本の物は本当にクオリティーが高く、日本から持って行ったほうが便利なものはたくさんあります。

 

でも、折角の留学なので、あえてその国の不便さを体験したほうが楽しいし、いい経験になりますよ。

スポンサーリンク


 

当サイトでよく読まれている&人気の記事です 

 

魔裟斗にも勝ったメンディーみたいに6パックに腹筋を劇的に割るコツ

【手相の結婚線】当たってる?当たってない?その真実とは?

メンズもレディースも関係なしのおしゃれコーデ ジャージ編

すぐに使える1歳児、2歳児への誕生日プレゼント選びテクニック

浜松にオープンしたブログでも話題のうなぎパイのニコエが凄かった。

VEETの除毛クリームを実際に使って世界NO1の効果を確かめた。

【ヘアカラーのアッシュ系】市販カラーリングは美容師さんもおススメ

すぐ落ちて困ってる?アッシュ系ヘアカラーの色落ちを劇的に防ぐアレ

知ってる?市販のヘアカラーでプリン状態からキレイに染めるコツ

市販でブリーチするならコレを使え!美容師おすすめブリーチの使い方

英語を独学で身に付けるために使う高評価のおすすめ参考書と教材

価格も考えた掃除機おすすめメーカーはこれ。ダイソン買ったら負け組

犬の抜け毛で困っている人必見!!ペット用掃除機のおすすめリスト

JRも太鼓判!マキタのリチウム掃除機は家庭でも業務用でも最高峰

【買って良かった掃除機、損した掃除機】メーカーごとの徹底比較

【沖縄旅行で雨が降ったら?】台風シーズンの時期と雨の日の過ごし方

USJのオフィシャルホテルの比較!調べてわかった本当の格安ホテル

明日は?今週は?USJ(ユニバ)の天気予報がすぐにわかるまとめ

明日は?今週は?ディズニー(舞浜)の天気予報がすぐにわかるまとめ

【ディズニーレストランの楽しみ方】おすすめレストラン徹底攻略

【costco】コストコ通販は非会員でも利用可能なのはなぜ?

【菓子パンを冷凍保存】おいしい食べ方を色々試したら激ウマだった

コメントを残す

このページの先頭へ