【JINSとZoffの比較】PCメガネ、おしゃれ、どっちが安い?

今や、メガネと言えば「JINS」(ジンズ)と「Zoff」(ゾフ)、この二大巨頭と言っても過言ではない筈です。

一昔前は、メガネを作ると数万円はくだらなかった筈なのに、それが今となっては5000円から作る事ができるのですから、

嘘の様な時代が到来したものです。

 

しかも、そのアフターサービスや保証ときたら、これまた嘘の様に手厚いサービスです。

街中に出れば、「JINS」と「Zoff」が半径数百メートル圏内に存在しているため、一体どちらの店舗で買うべきなのかと迷いますよね。

 

扱っている商品や価格、アフターサービスもほぼ同じ様に思えるし、「どっちの店舗でもまあ一緒か・・・。」とも感じます。

そんな、似たり寄ったりの様に見える「JINS」と「Zoff」ですが、双方ともそれぞれ特徴があります。

どっちでも一緒だと感じつつ、みなさんは、お店の何かに魅力を感じて、その店舗に足を運ぶものなのです。

 

メガネを購入する際の店選びは、どういった点をポイントにしますか?

 

両店舗とも

  • 値段は?
  • アフターサービスは?
  • デザインは?

一体、どこが違うのか、徹底検証してみます。

 

どちらのお店に入ろうかなと迷った際には、是非、参考にして下さい。

スポンサーリンク


【どちらが格安メガネの先駆者なの!?メガネ戦国史の始まり】

jinffzo

まずは、両店舗の沿革から入る事にしましょう。

 

■JINS

jins-img

服飾雑貨並びに生活雑貨の企画・製造・卸売を目的として設立された、「株式会社ジェイアイエヌJIN CO.LTD.(設立1988年07月)」が運営しています。

余談ですが、社名の由来は創業者である田中「仁」の名前から、との事です。

 

2001年4月にJINSの1号店「JINS天神店」を出店し、アイウエア関連事業に進出しました。

 

そして、2011年9月いまや誰もが知っているであろう「PCメガネ」を発売。

jins-pc

2012年11月には「JINS PC」が累積販売本数100万本を突破し、驚異的に店舗は成長し拡大していきます。

 

店舗数は、全国281店舗、中国に48店舗(2015.3現在)、年間販売本数は2014年で540万本との事です。

売上高は361億5,034万円(2014年8月期実績)です。

 

■Zoff

130323_zoff_logo5

眼鏡等の製造販売及び輸出入、飲食店の経営を手がけている「株式会社インターメスティック / Intermestic Inc.(設立1993年5月20日)」が運営しています。

 

2001年2月に下北沢へZoffの1号店を出店しました。

JINSに少し遅れること、2012年3月にPCメガネを発売します。

店舗数は、国内156店舗、中国24店舗を展開しています。(2015.2.12現在)

売上高は2014年度実績で158億円です。

 

※Zoffのことならこちらの記事もどうぞ。

■JINSが一歩リード

jins-win

激安メガネ店を一躍有名にし、メガネをより身近にさせる事の起因となったのが「PCメガネ」なわけですが、そのPCメガネを先に販売展開したJINSが一歩リードです。

店舗数にしても、圧倒的にJINSの方が多く、もちろん売上高はZoffより上回っています。

街中を歩いていても、ZoffよりもJINSの店舗をよく見かけるでしょう。

 

【どちらのPCメガネがいいの?両店舗を比較してみました】

zins-zoff

 

早速ですが、気になるところの、PCメガネを比較してみます。

PCメガネとは、パソコンやスマートフォンなど、LEDディスプレイから発せられるブルーライトという青色の光をカットするメガネです。

このブルーライトは紫外線の次に強いエネルギ-のある光です。

 

ブルーライトによって睡眠に必要なメラトニンが抑制され、生体リズムの乱れを引き起こし、睡眠の質を下げる可能性があると言われています。

 

近年、パソコンやスマホの使用頻度は高まっていますし、特にスマホについては老若男女問わずの仕様率で、すさまじい普及率である事情も重なり、PCメガネは注目をされてきました。

JINSとZoffのどちらとも、度付きPCメガネと、手軽に購入できる度なしのものが販売されています。

 

普段メガネをかけない方でも、PCメガネは手軽に購入できる事から、両店舗ともPCメガネの販売シェア数は高いものと思われます。

PCメガネ購入のためにお店へ足を運び、そのまま普通のメガネも気になり、ついでに購入するといった波及効果もあります。

 

■ブルーライトカット率の比較

その気になるブルーライトカット率ですが、

JINSついては、

クリアレンズタイプ(透明)が45%、カラータイプ(色付き)で50%カットします。

jins-pc-45

クリアレンズは、名の通り、レンズに色が付いていないため、より自然で見た目は普通のメガネと何ら変わりはありません。

カラータイプはブルーライトカット率が高いせいか、レンズに茶色っぽい色が付いています。

 

はたから見ると、サングラスをかけているかの様なメガネのため、クリアレンズを購入する人の方が圧倒的に多いです。

 

かたや、Zoffですが、従来ですと

クリアレンズが36%カラータイプが50%

のブルーラトカット率でした。

zoff-pc

ところが、昨年に、従来のPCメガネを一新し、「Zoff PC ULTRA」を発売しました。

なんと、これがクリアレンズなのにブルーライトカット率が50%なのです。

zoff-pc-ultra-50

JINSPCメガネより、一歩リードです。

Zoff公式サイトはこちら

■価格とデザインの違い

度なしレンズでフレームもセットされている、すぐに購入できるPCメガネの価格にさほど差はありません。

価格でどちらのお店にしようかと迷う事はまずないでしょう。

 

両店舗とも、3500円から3900円台のものが主流ですが、

Zoffが若干、低価格となっており、一番低価格のレディース用で2900円で販売されています。

 

デザインもこれまた、どちらとも差はないですね。

以前、JINSはPCメガネの種類が少ないなあといった印象でしたが、最近はぐっと種類も増えました。

 

それぞれ好みにもよりますが、Zoffの方がファッション性の高いデザインが多く、JINSの方はシンプルなデザインが多いですね。

■度付きPCメガネの価格

price-tag

 

JINSは、フレーム表示価格にプラス4000円で、好きなメガネフレームに度付きPCレンズを組み合わせる事ができます。

Zoffは、フレーム表示価格にプラス5000円で度付きPCレンズを組み合わせる事ができます。

こちらはZoffの方が割高ですね。

 

視力が弱くて、PCメガネをお望みなら、断然JINSをお勧めします。

JIN’s 公式オンラインショップはこちら

 

【普通の度付きメガネの購入に差はあるのか?】

では、PCメガネではなく、普通の度付きメガネ等を購入する際はどうなのでしょうか?

 

■追加料金について

私自身とても視力が悪く、しかも乱視と近視が入っていますので、今まではメガネを購入する際は、レンズ代の追加料金がかかっていました。

 

かなり割高になり、今まで嫌な思いをし、自分の視力の悪さを悔んだものです。

もとが安いメガネとはいえ、こんな具合に追加料金がかかるのであれば、割と高い価格になりがっかりです。

 

この激安メガネ店ですが、レンズの追加料金はかかるのでしょうか?

 

まずはJINSですが、近視・遠視・乱視が強いレンズへの変更も追加料金なしで提供します。

jins-tsuikaryoukin

JINSのメガネは、世界シェアNo.1レンズメーカーのエシロールグループや、大手HOYAグループなどの高品質薄型非球面レンズを標準搭載しており、

どんな度数でも追加料金0円です。

追加料金ゼロなんて、初めてJINSでメガネを購入した時には驚いたものです。

 

かたや、Zoffなのですが、薄型非球面レンズにすると追加で5000円がかかってしまいます。

zoff-tsuika-ryoukin

さらに超薄型非球面レンズにすると、なんと、7000円かもしくは9000円の追加料金がかかるのです

 

これは、視力の弱い者にとっては大変な痛手です。

 

ここでもやっぱり、視力が弱い人には、お財布に優しいJINSをお勧めします。

JIN’s 公式オンラインショップはこちら

その他、両店舗とも、カラーレンズや遠近両用・中近両用レンズといったものもあり、

追加料金がかかるのですが、その差はありません。

■アフターサービスの充実さ

JINSではメガネ購入後、お渡し日より6ヶ月間はフレーム・レンズ合わせて2回まで無償交換ができます。

jins-after-1

 

jins-after2

近くの店舗やオンラインショップなど購入店舗に限らず、

JINSで購入したメガネ・サングラスであれば、全国どのJINS店舗でも保証や修理を受けています。

 

Zoffでは、フレームは買い上げ日から1年間の保証期間、レンズはお買い上げ日より6ヶ月以内に限り、度数交換は無料となっています。

zoff-after-sevice

全国のZoff店舗でいつでもメガネのご試着・視力測定・クリーニング・掛け心地の調整ができる様です。

 

アフターサービスについても細かく、丁寧に説明してくれているのはJINSなので、JINSのほうが安心できそうですね。

JIN’s 公式オンラインショップはこちら

 

■価格やデザインのまとめ

matome-hakase

フレームプラス標準レンズならば、JINSとZoffのどちらも価格は変わらず、5000円からメガネを作る事ができます。

 

ただし、ここで見逃す事ができないのは、先にあげました「追加料金」です。

薄型非球面レンズにすると、追加料金がかかるZoffは圧倒的に不利です。

 

JIN’s 公式オンラインショップはこちら

 

デザインについては、どちらともファッションブランドとコラボしたり、ファッション雑誌とコラボし販売をしています。

アニメキャラクターとのコラボ、タレントとのコラボ商品もあり、両店舗とも、注目を集めるためのせめぎ合いといったところでしょうか。

Zoffは若い女性芸能人の起用が目立ちますので、どちらかというと、若い方をターゲットにしたいのかなといった印象を持ちます。

 

■両社目玉商品

Zoffにはこれといった目玉商品といいますか、変わり種商品はありません。

強いて言うならば、フレームが柔らかくて曲がる「Zoff SMART(ゾフスマート)」でしょうか。

zoff-smart

一方、JINSは日々、研究を重ねている結果なのか、毎年変わり種商品を発表しています。

[JINS Moisture(ジンズ モイスチャー)]は、乾燥しがちな現代人の眼を守るために開発された保湿メガネで、

jins-moischer

両サイドのタンクにスポイトで水を入れるだけで、眼の周りをしっかり保湿します。

 

一体、誰が購入するのかと思いきや、患者さんの眼の健康を守るメガネという事で、一部の眼科クリニックでも販売されているそうです。

 

そして、今年販売されたのが、「JINS MEME(ジンズ メーム)」です。

jins-mure

顔との接触部分に搭載した3つのセンサーと、さらに先セル部分の6軸加速度センサーが、身体のわずかな状態変化も見逃さず、いつでもどこでもスマートフォンと一心同体です。

眠気や消費カロリー、好みをはじめ、心と身体のさまざまな情報を可視化することができるそうです。

JINSのメガネに対する想いが感じられます。

スポンサーリンク


【あなたはどちらの店舗へ足を踏み入れたいですか?】

jins-staff

JINSとZoffの比較をしてみましたが、いかがでしたでしょうか。

ふと思いましたが、JINSのイメージカラーは赤色で、Zoffは水色ですよね。

意図的であるのか、偶然であるのかはわかりませんが、対極のカラーですよね。

 

これからますます両社は戦っていくのでしょう。

私自身も普段からPCメガネを愛用し、視力も悪いため、家ではメガネを愛用しています。

 

どちらの店舗とも脚を運びますが、接客はどちらも丁寧で、社員教育がよく行き届いているなあと感じます。

どちらかと言うと、Zoffの方は全体的な印象が、カジュアルで若者を意識している印象を受けます。

メガネのデザインに高いファッション性を感じます。

 

JINSは幅広い世代を意識しているのでしょうか、Zoffよりもアットホームな印象を受けます。

もちろん、JINSのメガネのデザインは、Zoffに劣らず高いファッション性があると感じます。

 

ここ数年で、メガネは服と同様に、ファッションの一部分になりました。

私は、視力が悪いので薄型レンズに追加料金がかからないJINS派なのですが、みなさんはいかがでしょうか。

何を重視するのかにより、足を踏み入れるお店は変わってきますよね。

 

いずれにせよ、これから両店舗とも競い合って、どの様な商品を生み出すのか、ますます注目ですね。

スポンサーリンク


 

当サイトでよく読まれている&人気の記事です 

 

魔裟斗にも勝ったメンディーみたいに6パックに腹筋を劇的に割るコツ

【手相の結婚線】当たってる?当たってない?その真実とは?

メンズもレディースも関係なしのおしゃれコーデ ジャージ編

すぐに使える1歳児、2歳児への誕生日プレゼント選びテクニック

浜松にオープンしたブログでも話題のうなぎパイのニコエが凄かった。

VEETの除毛クリームを実際に使って世界NO1の効果を確かめた。

【ヘアカラーのアッシュ系】市販カラーリングは美容師さんもおススメ

すぐ落ちて困ってる?アッシュ系ヘアカラーの色落ちを劇的に防ぐアレ

知ってる?市販のヘアカラーでプリン状態からキレイに染めるコツ

市販でブリーチするならコレを使え!美容師おすすめブリーチの使い方

英語を独学で身に付けるために使う高評価のおすすめ参考書と教材

価格も考えた掃除機おすすめメーカーはこれ。ダイソン買ったら負け組

犬の抜け毛で困っている人必見!!ペット用掃除機のおすすめリスト

JRも太鼓判!マキタのリチウム掃除機は家庭でも業務用でも最高峰

【買って良かった掃除機、損した掃除機】メーカーごとの徹底比較

【沖縄旅行で雨が降ったら?】台風シーズンの時期と雨の日の過ごし方

USJのオフィシャルホテルの比較!調べてわかった本当の格安ホテル

明日は?今週は?USJ(ユニバ)の天気予報がすぐにわかるまとめ

明日は?今週は?ディズニー(舞浜)の天気予報がすぐにわかるまとめ

【ディズニーレストランの楽しみ方】おすすめレストラン徹底攻略

【costco】コストコ通販は非会員でも利用可能なのはなぜ?

【菓子パンを冷凍保存】おいしい食べ方を色々試したら激ウマだった

One Response to “【JINSとZoffの比較】PCメガネ、おしゃれ、どっちが安い?”

  1. […] をお勧めします。 引用元-【JINSとZoffの比較】PCメガネ、おしゃれ、どっちが安い? | バナナミックスチャンネル […]

コメントを残す

このページの先頭へ