【短期間で英語がペラペラになる方法】英語の習得時間を縮める学習法

短期間で英語がペラペラになる方法

英語の習得には時間がかかります。

でも、どうしても短期間で習得する必要がある人もいるのではないでしょうか?

海外転勤が決まったとか、英語が必要な部署に異動になったなど、必要に迫って英語を身につけなければならない場合もあります。

短期間でペラペラになるのが絶対に無理かといえば、そういうわけでもありません。

 

ここでは、短期間で英語がペラペラになるために必要な3つのことお伝えします。

 

  • 英語を学ぶ理由、期間を明確にする
  • 完璧主義をやめる
  • 短期間で話せるようになる学習方法

 

この3つを理解して実践すれば、短期間で英語を話すことができるようになります。

スポンサーリンク


短期間で簡単に話せるようになる魔法の方法はない

 NG-POSE

まず初めに、理解しなければならないのは「簡単に短期間で英語がペラペラになる方法」なんて存在しないということです。

 

英語習得には、平均で約3000時間かかると言われています。

 

中学、高校など学生時代に学習した時間を差し引いても、約1500時間です。

一日も休まずに4時間学習しても1年かかる計算です。

 

インプットして、アウトプットする訓練の繰り返しで練習が必要な英語は、聞き流したり映画をただ見たりしているだけで、3ヶ月でペラペラに話せるようになる!なんて魔法のような方法は存在しません。

短期間で英語を習得するためには、逆のことに思えるこの事実をはっきり理解して受け入れることが大切です。

この現実を理解することで、かかる時間をどうやって短縮するかや、どの部分にフォーカスして学ぶのか、具体的な方法を考えることができるからです。

 

英語を学ぶ理由、期間を明確にする

 

english

短期間で英語を学ぶために、まず始めにすべきことは「何のために学ぶのか?」と「いつまでに?」を明確にする必要があります。

 

まず、「何のために学ぶのか?」理由を明確にしましょう。

 

例えば、会社で英語を使う部署に異動になったことがきっかけだったとします。

「会社で使う」という部分を紙に書いて明確にします。

どんな会社の、どの部署で、どんな場面で英語を使うのか、どれくらいのレベルが求められているのかを明確にします。

 

例えば、会社で扱う○○関連の部品について顧客とメールでやりとりする必要がある。

など、できるだけ具体的にすることで、リスニングなのか、会話なのか、ライティングなのかや、どんな分野の英語を話す必要があるのかが明確になります。

「短期間で英語がペラペラになりたい」と、思っていた理由が会社でTOEICスコアを会社で要求されているという場合は、ペラペラになることよりも、TOEICのスコアが大切なので、試験に特化して勉強したほうが効率的です。

ただ単に、「英語が話せたらいいな!」と思っている人も、「海外の人と友達になりたい。」など、なにか、ベースに理由があるはずなので、まずそこを掘り下げてみましょう。

ここで、整理した「目的」に近いところから英語を覚えていくと、時間を短縮することができます。

 

期間についても明確にすることがとても重要です。

「なんとなく短期間で学べたらいいな!」なんて、のんきに考えていては、絶対習得できません。

人の意思はすごく弱いので、明確な期間、目標設定がなければ、そのための行動を継続して行うことは無理に等しいんです。

 

「今日は、お友達にランチに誘われたから…」、「今日は仕事が忙しかったから…」など様々な理由をつけて、さぼろうとしてしまいます。

それの繰り返しで、最初のイメージが3ヶ月だったはずが、1カ月伸び、半年延び…と伸びていくんです。

 

明確な日にちを設定しましょう。

 

でもどうしても、あまりにも無理な目標期間を設定すると、気持ち的に追い詰められて行動に結びつけなくなるので、できれば少し余裕をみて設定することがおすすめです。

スポンサーリンク


完璧主義をやめる

 tsukareta

英語の学習をする時に、注意するべき点があります。

 

それは、「完璧主義」にならないということです。

日本人は、学校のテストで評価されることに慣れきっていて、「完璧さ」をどうしても求めてしまう傾向があります。

TOEICや英検などのテストで点数を取りたい場合は別ですが、英語でコミュニケーションをする上では完璧な英語である必要はありません。

 

特に、短期間で学ぶ場合完璧にすることにこだわらず、とにかくフレーズを「覚えて使う」、「覚えて使う」を繰り返す必要があります。

 

実際に、アメリカに留学して感じていたのですが、進学校に行って英語をある程度学んでいる人よりも、基礎があまりない人のほうが、短期間でどんどん英語を身につけてペラペラになっていく傾向があります。

それは、「間違い」をあまり気にしないからです。

 

子供もそうですよね。

言葉を学ぶ時に、「これ、正解かな?」なんて考えずに、とにかく真似をして話してみる。

通じなかったら、「あれなんだろう?」と考えて、また修正して話すことで、どんどん言葉を身につけていきます。

 

完璧主義の弊害はもうひとつあります。

完璧主義になると難しい言葉で言おうとしてしまいがちです。

でも、実際は簡単な英語をどれだけ駆使して言いたいことを伝えられるかが重要で、それができる人が短期間で英語がペラペラになります。

アジアの国々へ行くと、観光地で英語がペラペラな現地人が結構いますが、よくよく聞いてみると、すごく簡単な表現しか使っていないことがほとんどです。

中学レベルで理解できる言葉しか使っていないのに、日常会話は問題なくコミュニケーションしているパターンがよくあります。

 

短期間で話せるようになるための学習方法

eigo3

実際の英語学習ですが、自分が必要な英語から覚えて使う練習をしましょう。

ここでは実際のケースとして多い、日常会話の場合を例にとってご紹介します。

 

海外旅行へ行くなら、空港で使う英語、ホテルで使う英語と、分野を絞って覚えます。

覚える時は、単語や文法単位ではなく、フレーズまるごと覚えましょう。

できるだけ、今知っている単語で話せるフレーズがよいですが、もしわからない単語があれば調べて覚えましょう。

 

できるだけ、目、耳、手、口など身体の様々な部分を使って覚えることが効果的なので、覚えるフレーズは見るだけでなく、紙に書き出して、口に何度もだして練習してみましょう。

紙に書き出すのは、スペルを完璧に覚えるためではありません。

手を使って、英語に触れることが大切なので、丁寧におぼえなくてOKです

覚えるフレーズの数を少なくして、たくさん使えるようになりたいので、覚えたフレーズと他の知っている単語を組み合わせて、他の文をつくれないか考えてみましょう。

 

例えば

I like to play succor.

私はサッカーをするのが好きです。

 

という文であれば

 

I like to play music.

音楽をするのが好きです。

 

I like to meet people.

人と会うのが好きです。

 

I like traveling.

旅行することが好きです。

 

など、誰もが知っている単語で、様々な応用ができます。

 

最初は、あまり広げられないかもしれませんが、慣れてくると中学で習った英語で、かなり広げて話すことができることに気づくはずです。

 

数をたくさん覚えずに表現できる幅を増やしたいので、1日に覚えるフレーズは少なめにして、使える幅を広げる練習をたくさんしてみましょう。

 

この方法で、インプットしたらアウトプットの練習を沢山する必要があります。

空想で覚えた英語を使うシチュエーションを考えて、実際に話す練習をひとりで何度もします。

ぶつぶつ話している姿は、はたから見ると少しあやしいですが、とにかく口にだして、何度もシミュレーションをするのが大切です。

 

覚えても使えないと意味がないですから。

 

覚えた言葉で日記を書くのもおすすめです。

日記は可能であれば、添削してもらえる人がいればさらに効果的です。

 

また、覚えたフレーズの音声CDがあれば、それを何度も聞くのもおすすめです。

とにかく、単純なものをあらゆる感覚を使って覚えて、使える幅を広げて、使う練習することを繰り返します。

難しいテキストに手をださずに、ひたすらこれだけをしっかり繰り返していたら短時間でかなり英語が使えるようになります。

 

ただ、1人で練習していても実際の場面で話せないことも多いので、ある程度身についてきたらオンライン英会話や、英語カフェなどネイティブと話す機会をできるだけ作りましょう。

できるだけ英語に触れる時間を増やしたいので、テレビもアメリカのドラマをみるようにしたり、通勤時にリスニングテープを聞き流すなど、英語にたくさん触れる努力をすることも大切です。

 

まとめ

matome-kaisetsu

短期間で英語がペラペラになることは、とても難しいですが不可能ではありません。

しかし、かなりの努力が必要なのも事実。

なぜ短期間で英語を学ぶ必要があるのか?どれくらいの期間で学ぶのかを明確にしましょう。

 

そこから、必要なものに重点をおいて学んでいきましょう。

覚える時は、できるだけ多くの身体の感覚を使って覚えることが覚えるコツです。

たくさん覚えるよりは、ひとつで使えるバリエーションを増やすことが大切です。

 

完璧主義にはならずに、間違ってもいいのでたくさん覚えて、たくさん使いましょう。

週末に8時間ずつ計16時間やるよりも、週6日2時間ずつの方が効果的です。

あとは、とにかく途中でめげずに続けることが、短期間で英語がペラペラになる方法です。

スポンサーリンク


 

当サイトでよく読まれている&人気の記事です 

 

魔裟斗にも勝ったメンディーみたいに6パックに腹筋を劇的に割るコツ

【手相の結婚線】当たってる?当たってない?その真実とは?

メンズもレディースも関係なしのおしゃれコーデ ジャージ編

すぐに使える1歳児、2歳児への誕生日プレゼント選びテクニック

浜松にオープンしたブログでも話題のうなぎパイのニコエが凄かった。

VEETの除毛クリームを実際に使って世界NO1の効果を確かめた。

【ヘアカラーのアッシュ系】市販カラーリングは美容師さんもおススメ

すぐ落ちて困ってる?アッシュ系ヘアカラーの色落ちを劇的に防ぐアレ

知ってる?市販のヘアカラーでプリン状態からキレイに染めるコツ

市販でブリーチするならコレを使え!美容師おすすめブリーチの使い方

英語を独学で身に付けるために使う高評価のおすすめ参考書と教材

価格も考えた掃除機おすすめメーカーはこれ。ダイソン買ったら負け組

犬の抜け毛で困っている人必見!!ペット用掃除機のおすすめリスト

JRも太鼓判!マキタのリチウム掃除機は家庭でも業務用でも最高峰

【買って良かった掃除機、損した掃除機】メーカーごとの徹底比較

【沖縄旅行で雨が降ったら?】台風シーズンの時期と雨の日の過ごし方

USJのオフィシャルホテルの比較!調べてわかった本当の格安ホテル

明日は?今週は?USJ(ユニバ)の天気予報がすぐにわかるまとめ

明日は?今週は?ディズニー(舞浜)の天気予報がすぐにわかるまとめ

【ディズニーレストランの楽しみ方】おすすめレストラン徹底攻略

【costco】コストコ通販は非会員でも利用可能なのはなぜ?

【菓子パンを冷凍保存】おいしい食べ方を色々試したら激ウマだった

コメントを残す

このページの先頭へ