英語のヒアリングが苦手な人が知るべき成長が実感できる勉強法とコツ

英語のヒアリングの勉強法で悩んでいませんか?

 

そのために、ネイティブの英語が聞き取れなくて実際の場面で英語が使えず困ってしまう人も多いのではないでしょうか。

ヒアリング力は、海外に行ったり、ネイティブと話したりしないとレベルアップ出来ないと思っていませんか?

 

実は、ヒアリングの基礎は独学の学習がおすすめです。

 

ここでは、ヒアリングを独学で効果的に勉強するための次の3つのコツとおすすめの勉強法をご紹介します。

スポンサーリンク


日本人はヒアリングができなくて当たり前

wakaranai

ヒアリングが苦手で才能が無いのかもと悩んでいるかもしれません。

でも、大丈夫です!

日本人は英語の音に慣れていない、ヒアリングの機会が極端に少ないだけなんです。

 

私たち日本人は、中学高校と6年間も英語を学んでいるのに、ヒアリングの学習はほとんどしません。

だから、ヒアリングの学習方法や聞くためのコツを知りません。

 

ヒアリングができなくて当然で、多くの人があなたと同じように悩んでいます。

 

ヒアリングの3つのコツ

 

英語のヒアリング力をアップさせるために知っておきたい3つのコツがあります。

 

音のつながり

 

英語のヒアリング力を上げるために、とても大切なポイントが「音のつながり」を知ることです。

 

ネイティブは、1語1語切り離して発音していません。

単語の語尾と、次の単語の最初の部分を合わせて発音している場面がとても多いです。

 

例として有名なのが、an apple です。

単語別々に発音すると、アン・アップルですが、ネイティブはアナップルと発音します。

 

英語にはこのような、「音のつながり」が数多く存在します。

知らないと、全く違う単語に感じてしまいます。

そのために、この「音のつながり」を聞けるようになる訓練が必要です。

 

訳さず音のまま聞く

hatsuon-nami

ヒアリングをする上で大切なことは、訳さず音のまま聞くことです。

聞きながら意味を理解しようとして考えてしまうと、どんどん話しは先に進んでいくので耳が追いつかなくなってしまいます。

 

初めは意味が理解できなくてOKです。

とにかく、英語でなんて言っているのかを聞き取ります。

意味を理解する必要がある場合は、全て聞きとった後に、意味を考える癖をつけましょう。

 

途中で知らない単語が出てくるかもしれませんが、そこは無視します。

そこで引っ掛かって止まってしまうと、知っている単語も聞き逃してしまうからです。

 

最初の3語を意識して聞く

 

英語は重要なことは先に言う傾向があります。

そのために、文章の中で大切な「だれが」「どうした」は最初の3語に含まれていることがほとんどです。

 

まずはその3語を聞き取ることに集中しましょう。

 

【例文】

I play tennis at the park every Sunday.

(私は毎週日曜日に、その公園でテニスをします。)

 

I play tennisが最初の3語ですが、「私がテニスをする」ことについて話しているという話しの肝がわかりますね。

 

最初は3語に集中して聞き取り、それが楽になったら5語と増やしていけば着実にリスニングができるようになります。

 

スポンサーリンク


ヒアリングを独学で学ぶおすすめ勉強法

 

ヒアリングの勉強法はたくさんありますが、その中でも特にヒアリングが苦手と感じている人におすすめの独学勉強法を2つご紹介します。

 

高速聞き流し

mimiwosumasu

リスニングの音声を高速で聞き流して耳を英語に慣らすための勉強法です。

すきま時間を使って気軽にできます。

 

参考書や問題集などについている長めの音声がおすすめです。

 

レベルとしては、文章を読めば理解できるレベルかそれより少し上のレベルがおすすめです。

ひとつの音声を用意したら、聞き取れるようになるまで毎回その音声だけを聞き流します。

音声は、1.5倍速など速度を少し早めて流します。

 

聞く時は、イヤフォンをつけて聞くのがおすすめです。

 

大人の脳は、不要な音や情報をカットして無視する傾向がありますが、イヤフォンで直接聞くことで嫌でも気になる状態をつくります。

 

意味を理解する必要や、音を細かく聞き取ろうとするのではなく、なんとなく耳で音楽を聴いているように聞くのがベストです。

歩きながら、家事をしながらなど、考えなくてもできる単純作業で身体を動かしながら聞くと、耳に入ってきやすくなります。

 

最初はまったく音楽のようで聞き取れないですが、同じ音声を繰り返し聞いていると、ある瞬間に少し単語が聞き取れるということが起きていきます。

それを繰り返すうちにどんどんその音声になれて、全体的に聞き取れるようになります。

 

ディクテーション

 

英語の「音のつながり」を聞き分けられるようになるためにおすすめの勉強法が、ディクテーションです。

 

英語の音声を聞いて、話している内容を正確に文字に起こす訓練です。

 

冠詞の a 、the、複数形や三単元の s など細かいところまで聞き取れるようになるのが目標です。

 

参考書についている音声CDを使います。

リーディングとして読むには簡単すぎるレベルからはじめます。

 

音声で1文聞いて、文字にして書き起こした文章が正確かを確認するまでが1セットで、これを繰り返していきます。

 

最初は、聞き取れないことがほとんどなので、途中で音声を止めてもいいですし、何回聞いてもよいです。

とにかく、正確に聞き取ることを目標にしてみてください。

 

繰り返していくと「音のつながり」のパターンにも慣れてきますし、集中してヒアリングすることにも慣れてきます。

 

まとめ

english

日本人の多くが英語のヒアリングができなくて悩んでいます。

ヒアリングのコツや独学方法を知らないだけで、才能が無いわけではないので安心してください。

 

ここで紹介した3つのコツに注意しながら、高速聞き流しと、ディクテーションをやってみてください。

 

この2つの勉強法は、リスニングが苦手だった私が留学前に短期間でリスニング力をアップさせた方法です。

 

リスニング力が上がれば、英語にふれられる機会が極端に増えるので、語彙力もどんどんアップして、総合的な英語力の向上に繋がります。

正しい方法でトレーニングを繰り返せば、だれでも聞き取れるようになるので是非チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク


 

当サイトでよく読まれている&人気の記事です 

 

魔裟斗にも勝ったメンディーみたいに6パックに腹筋を劇的に割るコツ

【手相の結婚線】当たってる?当たってない?その真実とは?

メンズもレディースも関係なしのおしゃれコーデ ジャージ編

すぐに使える1歳児、2歳児への誕生日プレゼント選びテクニック

浜松にオープンしたブログでも話題のうなぎパイのニコエが凄かった。

VEETの除毛クリームを実際に使って世界NO1の効果を確かめた。

【ヘアカラーのアッシュ系】市販カラーリングは美容師さんもおススメ

すぐ落ちて困ってる?アッシュ系ヘアカラーの色落ちを劇的に防ぐアレ

知ってる?市販のヘアカラーでプリン状態からキレイに染めるコツ

市販でブリーチするならコレを使え!美容師おすすめブリーチの使い方

英語を独学で身に付けるために使う高評価のおすすめ参考書と教材

価格も考えた掃除機おすすめメーカーはこれ。ダイソン買ったら負け組

犬の抜け毛で困っている人必見!!ペット用掃除機のおすすめリスト

JRも太鼓判!マキタのリチウム掃除機は家庭でも業務用でも最高峰

【買って良かった掃除機、損した掃除機】メーカーごとの徹底比較

【沖縄旅行で雨が降ったら?】台風シーズンの時期と雨の日の過ごし方

USJのオフィシャルホテルの比較!調べてわかった本当の格安ホテル

明日は?今週は?USJ(ユニバ)の天気予報がすぐにわかるまとめ

明日は?今週は?ディズニー(舞浜)の天気予報がすぐにわかるまとめ

【ディズニーレストランの楽しみ方】おすすめレストラン徹底攻略

【costco】コストコ通販は非会員でも利用可能なのはなぜ?

【菓子パンを冷凍保存】おいしい食べ方を色々試したら激ウマだった

コメントを残す

このページの先頭へ