【英語の発音を良くする方法】3つの発音と顔の筋トレで劇的に変わる

ネイティブみたいなキレイな発音に憧れませんか?

発音を良くしたいけれど、留学など海外生活の経験がないと発音が良くならないんじゃないかとあきらめていませんか?

日本の学校では、綺麗な発音を学ぶ機会が少ないので、ナチュラルな発音が身に付きにくいですよね。

 

ちょっとしたポイントを意識して、発音を学ぶだけで、英語の発音は劇的に良くなります。

ここでは、英語の発音を良くする方法をご紹介します。

スポンサーリンク


発音はとっても重要!

hatsuon-nami

日本で英語を学ぶ時に、ついつい後回しにされがちなのが発音です。

学校などテストでも、発音に関するテストはほとんどないため、それほど重要視されていません。

 

「発音が多少悪くても正しい英語が話せれば、意味は通じるしいいんじゃないの?」

なんて思っていませんか?

 

日本人が英語圏に行くと、英語はわかるのだけれど発音が正しくないために、全く通じなくて困るということがよくあります。

折角、努力して覚えた英語が、発音が原因で通じないなんて、もったいないです。

英語の発音を良くする方法しっかり学んで、学習した英語を実践で使えるものにしましょう。

 

カタカナ英語をやめて真似をしよう

katakana

英語の発音の細かい部分を修正するのには、かなりの労力が必要です。

アメリカに4年近く住んでいた私でも、今でも発音は学び途中です。

でも、ある程度の部分まではちょっとしたことに気をつけるだけで劇的に良くなります。

 

まず、英語の発音を良くするために、取り組んでほしいのがカタカナで癖をやめることです。

 

例えばappleと言う単語は「アップル」と言うように、自動的に頭の中で変換してしまう傾向があります。

その変換をやめて、実際のネイティブの発音を音で聞いて、それを真似するようにしてみましょう。

 

できれば、1文ごとに聞いて、真似するというシャドウイングをしていくと、ナチュラルな発音に変わっていきます。

このトレーニングをしていくと、リスニング力も上がりますよ。

 

抑揚をつけて話そう

tsuyoku

次に気をつけるのが、抑揚です。

 

日本語はどちらかというと、抑揚が少なく同じリズムで話す言語です。

一方で、英語はこれでもか!というくらい大げさに抑揚をつけて話します。

 

抑揚のつけ方のポイントは、文の大切な部分、最も伝えたいことを強調して話します。

 

例えば、I met Alex yesterday. (アレックスに昨日会った。)

という文であれば、

アレックスに会ったことを一番伝えたければAlex、

昨日会ったことが伝えたいことであればyesterdayを強く発音します。

 

日本人の傾向として、語尾が上がってしまう傾向があります。

語尾が上がると「疑問文なのかな?」とネイティブが戸惑ってしまうので、肯定文の語尾は下げることを意識してください。

 

また、自信が無いことで声が小さくなってしまう人、早口になってしまう人がいます。

実は、英語は正しく話せているのに、声が小さかったり、早口すぎて相手に伝わっていないというケースがとても多いんです。

ひとつひとつはっきり発音しましょう。

最初は、ゆっくりすぎるかも?と思うくらいのペースで話しましょう。

スポンサーリンク


抑えたい3つの発音ポイント

eigo5

細かい発音の注意点は色々ありますが、最低限押さえておきたいポイントは3つです。

 

1つ目は「th」の発音です。

 

the、thisなど様々な単語に出てくるthは日本人が苦手な発音のひとつです。

「th」を発音する時は、舌を上下の歯で軽く挟んで、そこから息をもらします。

「th」が出てきたら、舌と歯の位置を毎回注意して見てください。

 

2つ目は、LとRの違いです。

rice(米)を正しく発音しないと、lice(しらみ)に聞こえてしまうというのは、良く言われる例です。

Rは舌を巻き気味でかつ口の中のどこにもつけないで発音します。

Lは舌の先を前歯の付け根につけて発音します。

 

3つ目は、fとvの発音です。

どちらも、唇を噛んで発音します。

fは濁らない音、vは濁ったおとですが、発音方法は同じです。

 

これらの発音方法は文で観るよりも実際に口の形を見て、音を聞きながら練習するほうがわかりやすくおすすめです。

YouTubeで「LとR 発音」などで検索すると動画がでてくるので、実際に動画を見て練習して見てください。

これらの口と舌の使い方をきちんとするだけで、すごく発音が良くなって、断然伝わりやすくなるので、英語の発音を良くしたければここはきちんと練習しましょう。

 

英語を話す筋肉をつけよう

kaokin

英語の発音は日本語と使う筋肉が違うので、英語を話すための顔の筋力をつける必要があります。

英語を話すための筋トレなども色々あるのでそれをやってもいいですが、一番おすすめなのは、これまでお伝えしてきたことに注意しながら英語の音読をすることです。

はっきり、ゆっくり話すように音読していくと、自然と英語を話すための筋力がついていきます。

しかも音読は、リスニング、リーディングなど様々な英語学習によいので一石二鳥どころか三鳥、四鳥にもなります。

 

まとめ

 matome-kaisetsu

英語でスムーズのコミュニケーションをするためには、発音を良くすることは必須の項目です。

発音がキレイになるのは、難しいとか時間がかかると考える人が多いですが、実はここでお伝えした基本的なポイントを抑えるだけでかなり、英語の発音が良くなります。

発音が良くなると、自信をもって話せるので、コミュニケーションを取る機会も増えて、それがさらに英語力向上に繋がります。

発音は、英語学習の中で後回しにされてしまいがちですが、この機会に一度しっかりと確認して練習してみましょう。

スポンサーリンク


 

当サイトでよく読まれている&人気の記事です 

 

魔裟斗にも勝ったメンディーみたいに6パックに腹筋を劇的に割るコツ

【手相の結婚線】当たってる?当たってない?その真実とは?

メンズもレディースも関係なしのおしゃれコーデ ジャージ編

すぐに使える1歳児、2歳児への誕生日プレゼント選びテクニック

浜松にオープンしたブログでも話題のうなぎパイのニコエが凄かった。

VEETの除毛クリームを実際に使って世界NO1の効果を確かめた。

【ヘアカラーのアッシュ系】市販カラーリングは美容師さんもおススメ

すぐ落ちて困ってる?アッシュ系ヘアカラーの色落ちを劇的に防ぐアレ

知ってる?市販のヘアカラーでプリン状態からキレイに染めるコツ

市販でブリーチするならコレを使え!美容師おすすめブリーチの使い方

英語を独学で身に付けるために使う高評価のおすすめ参考書と教材

価格も考えた掃除機おすすめメーカーはこれ。ダイソン買ったら負け組

犬の抜け毛で困っている人必見!!ペット用掃除機のおすすめリスト

JRも太鼓判!マキタのリチウム掃除機は家庭でも業務用でも最高峰

【買って良かった掃除機、損した掃除機】メーカーごとの徹底比較

【沖縄旅行で雨が降ったら?】台風シーズンの時期と雨の日の過ごし方

USJのオフィシャルホテルの比較!調べてわかった本当の格安ホテル

明日は?今週は?USJ(ユニバ)の天気予報がすぐにわかるまとめ

明日は?今週は?ディズニー(舞浜)の天気予報がすぐにわかるまとめ

【ディズニーレストランの楽しみ方】おすすめレストラン徹底攻略

【costco】コストコ通販は非会員でも利用可能なのはなぜ?

【菓子パンを冷凍保存】おいしい食べ方を色々試したら激ウマだった

コメントを残す

このページの先頭へ