【英語を独学で身に付ける】やってしまいがちな間違った5つの勉強法

英語を学んでいるけれど、上達しないと困っていませんか?

 

独学で英語を学習している人の多くが、正しい勉強法がわからず悩んでいるのではないでしょうか。

実は、英語には多くの人にありがちな間違った勉強法がいくつもあります。

 

残念ながらいくら独学で頑張っても、間違った勉強方法を続けると10年経っても話せるようにならない可能性があります。

 

その中でも、特に独学で多くやってしまいがちな次の5つの勉強法を解説します。

 

  • ~だけで話せるようになる!という罠にはまる
  • 長時間一気に勉強する
  • 単語を単体でひたすら覚える
  • 意味なく英語を聞き流す
  • 文法をおろそかにする

 

誰もがやってしまいがちなものばかりなので、自分もやってしまっていないか確認してみてください。

スポンサーリンク


勉強法で英語力が身につくスピードは全然違う!

kaidan-lebel

英語を独学する上で正しい学習方法を実践することはとても大切です。

中学校と高校で6年間も英語を勉強しているのだから、本来であれば私たちは英語の正しい勉強方法を知っているはずです。

 

しかし、残念なことに日本の学校の先生たちは、間違った勉強法を指導していることも多いく社会人になって正しい英語の勉強方法がわからないという人も多いです。

 

私は高校卒業後、アメリカへ留学しました。

高校では、どんなに頑張っても英語が得意にならなかったのに、アメリカの語学学校で学び始めたら一気に英語力が伸びました。

英語漬けの環境に行ったこともありますが、正しい英語の勉強法を教わったことがとても大きかったです。

 

 

独学でありがちな5つの勉強法

 

間違った学び方をしていると、たくさん時間を費やしても全然英語力が伸びないということもあるので要注意です。

 

英語学習者にありがちな間違った勉強法を確認してみましょう。

 

~だけで話せるようになる!という罠にはまる

 

eigo-kyo-zai

英語を学びたいと思う人の多くが一度はまってしまうのが、「~だけで話せるようになる!」という教材や、学習法の甘い罠です。

 

「聞き流すだけで!」など様々な「~だけ」学習法がありますが、何かひとつだけやれば英語が話せるようになるということはありません。

 

英語は、文法、単語、リーディング、ライティング、リスニングなど、様々な角度から学ぶ必要があります。

一見、別々のスキルに思えるかもしれませんが全て関連付いています。

 

「~だけ」は簡単で、手っ取り早いように思えますが、実はなにか1つだけをとって学ぶほうが、非効率で時間がかかってしまいます。

 

長時間一気に勉強する

tsukareta

勉強をし始めた時に勢いで一気に長時間勉強してしまうのもありがちです。

勢いで勉強を始めてしまうと長続きしません。

 

社会人の場合、英語がある程度話せるようになるためには1000時間は英語の勉強をする必要があります。

 

英語は長時間かけてゆっくり学ぶ必要があるので、勢いだけでは続けることができません。

特に最初の頃は、少し少ないと思うくらいでやめておくのが長続きさせるためのコツです。

 

平日は全く英語に触れず土日にまとめて勉強するのもありがちな間違った勉強法です。

 

英語は10~20分でもいいので毎日触れることで記憶が定着します。

 

もちろん、休みの日に余裕があればまとめておさらいをしたり、長文を読んだりするとさらに効果的です。

 

しかし、土日や月に数回だけ長時間勉強して、それ以外は英語に全く触れないと覚えたことを忘れてしまいがちでとても非効率です。

 

 

単語を単体でひたすら覚える

eitango

単語のみでひたすら覚えるということをしていませんか?

 

単語は文脈と併せて覚える必要があります。

意味がわかっても、その単語の使い方を知らなければ意味がありません。

文章の中での使われ方によって、意味が変化することが多いので、語彙力を増やしたいなら文脈で覚えましょう。

 

日本語訳は、その英単語を日本語でしいて言うなら「○○」って意味が近いかな?くらいのものです。

 

実際に英語で使ってみると、微妙にニュアンスが違うことがよくあります。

英語と日本語は、完全に違う言語なので全く同じ言葉が存在しない単語もすごくたくさんあります。

 

自然なニュアンスを覚えながら、語彙力を増やしていくための理想の方法は、リーディングやライティング、スピーキングなど様々な練習の中で増やしていくことです。

 

意味なく英語を聞き流す

mimiwosumasu

英語の聞き流し教材はたくさんあります。

とにかく、英語に触れる時間をつくることが大切で、英語を聞けば聞くほど実力が上がると思っていませんか?

これもありがちな間違いのひとつです。

 

無意識にただ英語を聞き流すだけでは、話せるようになりません。

 

大人の脳は不要な音や情報をカットするようになっています。

例えば、政治が苦手な人が、別のことをしながらテレビでニュースを流し続けていても、全く記憶に残りませんよね。

英語をただ聞き流しても同じ現象がおきます。

 

ただ聞いているだけで、左耳から聞いて右耳に流れるということが起きます。

もちろん、聞き流し全般が無駄だということではありません。

興味のない英語のニュースや、洋画を学習しようという意識がなく、ただ聞き流すのはあまり意味がありません。

 

英語の聞き流しの記事はこちら

 

文法をおろそかにする

 

「文法は勉強しなくてもいい」というのもありがちな間違いです。

 

英語の上級者になればなるほど文法の大切さを理解しています。

海外旅行で伝えたいことを言えるレベルでよければ、を無視してフレーズをたくさん覚えてもよいかもしれません。

 

でも、本格的に英語が使いこなせるようになりたい人は、文法を先に学んでしまったほうが手っ取り早いです。

 

文法は、英語の基本構造を、外国人にわかりやすく簡潔にまとめてくれているものです。

数学で言うと公式ですね。

公式を知らなくても解ける問題もたくさんありますが、公式を学んで解いたほうが楽だし、難しい問題も公式があれば解けますよね。

スポンサーリンク


まとめ

point6

ほとんどの人が、ここにあるありがちな間違った学習方法をひとつくらいはしているのではないでしょうか。

英語は間違った勉強法を続けているといつまでたっても話せるようになりません。

 

「~をするだけ」「聞き流し」など、一見簡単に思える学習方法は非効率で、あまり効果が無い場合が多いです。

 

最初に時間はかかりますが、文法をしっかり学ぶと効率的に英語を身につけることができます。

単語に関しても、文脈で覚える方が非効率に感じるかもしれませんが、長期的に見ると1つ覚えたものでたくさんの応用がきくので効率的です。

 

長時間学ぶよりも、回数を多くできるだけ身近に英語にふれる機会を作りましょう。

このありがちな間違った学習方法をやめるだけで、かなり英語の学習の効率が上がって、英語が身につくスピードがアップしますよ。

スポンサーリンク


 

当サイトでよく読まれている&人気の記事です 

 

魔裟斗にも勝ったメンディーみたいに6パックに腹筋を劇的に割るコツ

【手相の結婚線】当たってる?当たってない?その真実とは?

メンズもレディースも関係なしのおしゃれコーデ ジャージ編

すぐに使える1歳児、2歳児への誕生日プレゼント選びテクニック

浜松にオープンしたブログでも話題のうなぎパイのニコエが凄かった。

VEETの除毛クリームを実際に使って世界NO1の効果を確かめた。

【ヘアカラーのアッシュ系】市販カラーリングは美容師さんもおススメ

すぐ落ちて困ってる?アッシュ系ヘアカラーの色落ちを劇的に防ぐアレ

知ってる?市販のヘアカラーでプリン状態からキレイに染めるコツ

市販でブリーチするならコレを使え!美容師おすすめブリーチの使い方

英語を独学で身に付けるために使う高評価のおすすめ参考書と教材

価格も考えた掃除機おすすめメーカーはこれ。ダイソン買ったら負け組

犬の抜け毛で困っている人必見!!ペット用掃除機のおすすめリスト

JRも太鼓判!マキタのリチウム掃除機は家庭でも業務用でも最高峰

【買って良かった掃除機、損した掃除機】メーカーごとの徹底比較

【沖縄旅行で雨が降ったら?】台風シーズンの時期と雨の日の過ごし方

USJのオフィシャルホテルの比較!調べてわかった本当の格安ホテル

明日は?今週は?USJ(ユニバ)の天気予報がすぐにわかるまとめ

明日は?今週は?ディズニー(舞浜)の天気予報がすぐにわかるまとめ

【ディズニーレストランの楽しみ方】おすすめレストラン徹底攻略

【costco】コストコ通販は非会員でも利用可能なのはなぜ?

【菓子パンを冷凍保存】おいしい食べ方を色々試したら激ウマだった

コメントを残す

このページの先頭へ