今からでも遅くない!!知って得する就職に役立つ英語の資格ベスト5

英語を生かせる職業に就きたい!と思っていませんか?

インターネットで海外と簡単に繋がれる時代。

 

さらに、海外からの観光客がどんどん増えていて、英語を必要とする仕事も増えています。

英語を使う仕事に就くために必要なのが英語の資格です。

 

英語の資格を取得することで、英語の能力を証明し就職に繋げることができます。

 

でも、英語は世界で多く使われている言葉なだけあって、様々な資格試験があります。

「どれが就職に役立つの?」と迷っている人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、ここでは「就職に役立つ英語の資格ベスト5」をご紹介します。

 

これを読めば、英語関連の仕事に就くための必要な資格がわかります。

スポンサーリンク


英語の仕事に就くなら資格は必須!

eigo-shigoto

英語を使う仕事に就きたいなら、英語関連の資格は必須です。

 

実際には、資格を取っても話せない人はいるし、資格を持っていなくても普通に英語でコミュニケーション出来る人たちもいます。

 

でも、単に「英語が話せる」といっても、具体的にどれくらいのレベルなのかわかりにくいですよね。

英語の資格を持っていれば、履歴書1枚で具体的な英語力を証明することができます。

 

最近は、英語に直接関わる業務以外でも幅広い業務で英語力が必要とされています。

 

そのため、英語の資格はひとつ持っていると幅広い仕事で就職に有利になります。

 

就職に役立つ英語の資格ベスト5

shusho-ku-eigo

1位:TOEIC

TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42の [ 小熊弥生 ]

価格:1,404円
(2017/1/10 18:30時点)
感想(53件)


就職に有利な英語試験のダントツ1位は、もちろんTOEICです。

 

様々な企業で、採用や昇進の基準としてTOEICを導入しています。

 

TOIEC(トーイック)はTest of English for International Communicationの略で、英語でのコミュニケーション能力を計る世界共通のテストです。

 

英検のようにレベルごとに違う問題を解くのではなく、全員共通のテストを受験します。

 

そのため、合格や不合格の判定はありません。

点数は、正当数とその時の他の受験者の点数などを総合して計算したスコアが出ます。

履歴書に書けるスコアレベルは600点くらいからです。

 

実際に業務で使えるレベルは700点くらいからが目安です。

TOEICは、どの業種でも全般的に有効な資格です。

 

年10回と試験の回数も多く、どの試験を受けるか迷ったらTOIECがおすすめです。

 

2位:英検(実用英語検定)

英検2級をひとつひとつわかりやすく。 新試験対応版 [ 柳瀬実佳 ]

価格:1,566円
(2017/1/10 18:18時点)


TOEICとあわせて人気が高いのが英検です。

英検も、様々な職種で全般的に英語力としてアピールできる資格です。

年間受験者数が320万人を超えていて、知名度が抜群の資格試験です。

 

多くの人が受験するため、全国各地で受験することができます。

 

英検は大学入試などで学科試験免除などもあるなど、とても信頼されている資格といえるでしょう。

 

ビジネス英語としてはTOEICのほうが人気ですが、英検は級が上がると面接試験があることや、級ごとに問題が変わるので高い英語力の証明として人気です。

 

5級から試験がありますが、履歴書に書けるのは高卒レベルの2級以上です。

準1級、1級レベルだと、合格率もかなり低く高い英語レベルの証明となり、英語を多く使う業務にも有効です。

 

3位:BULATS

はじめてのSTEP BULATS―世界基準のビジネス英語能力テスト

中古価格
¥6,680から
(2017/1/10 18:37時点)


BULATS(ブラッツ)はBusiness Language Testing Serviceの略で、国際的な英語資格試験です。

 

ビジネススキルに特化していて、企画書、報告書など実践的な書類作成力が問われるので、実践で使える英語力の証明として有効な資格です。

オンラインでも受験することができ、オンラインの場合随時試験を受けることができます。

 

TOIECと同じで全レベル統一試験で、スコアは全体の受験者の正答率などと照らし合わせて数値化されます。

 

0~100点までのスコアで、履歴書に書けるのは75点くらいからです。

 

BULATSは、日本での知名度が高くないですが、大企業には有効で、イギリスをはじめとするヨーロッパ、オーストラリア、香港などでも知名度が高くなってきていいるため外資系の企業に就職する際には有利です。

スポンサーリンク


4位:日商ビジネス英語検定試験

日商ビジネス英語検定3級公式テキスト改訂版 [ 日本商工会議所 ]

価格:1,728円
(2017/1/10 18:40時点)
感想(1件)


日商ビジネス英語検定試験は、ビジネススキルに特化した試験です。

 

特に、ライティングに重点を置いていて、メールや、請求書、企画書などの作成等、実践的な英語スキルを問う問題が出題されます。

 

英検やTOEICに比べ知名度は低いですが、ビジネスに必要な実践的な英語力を証明できる資格試験なので就職には有利です。

就職試験の際にも有利になるのはもちろんですが、出題される請求書などの書類作成は、実践で必要なスキルなので資格の勉強が就職後の仕事に直結するので、おすすめの資格です。

 

レベルが高い順に、1級、2級、3級があり、履歴書に書くなら2級以上です。

 

5位:通訳案内士

通訳案内士試験地理・歴史・一般常識テキスト&問題集 [ コンデックス情報研究所 ]

価格:2,160円
(2017/1/10 18:43時点)
感想(3件)


通訳案内士は、日本政府の観光局が主催している試験で国家資格です。

日本国内で通訳として旅行案内を仕事として行う場合は、この資格を持っている必要があります。

 

この資格の特徴としては、英語力だけでなく日本の地理、文化、歴史など幅広い知識が求められることです。

 

英語以外にも、中国語、フランス語などもあり全部で10カ国語の試験が開催されています。

 

英語の筆記試験はTOEIC840点以上又は、英検1級に合格している場合免除されます。

 

観光ガイドには直結する資格ですが、旅行会社やホテル、秘書業務などでも役に立つ資格です。

 

まとめ

shikaku

認知度が高いTOEICと英検は、英語を話さない人でもみんな知っている資格です。

そのため、自分の英語レベルを説明するために、最低限どちらかは持っていると便利です。

 

それ以外の資格は、自分が就職したい分野に応じて必要なものをとればOKです。

英語にかかわる資格を持っていると、就職や昇格など様々な場面で有利になります。

 

今後ますます、必要とされるので早いうちにとっておくのがおすすめですね。

スポンサーリンク


 

当サイトでよく読まれている&人気の記事です 

 

魔裟斗にも勝ったメンディーみたいに6パックに腹筋を劇的に割るコツ

【手相の結婚線】当たってる?当たってない?その真実とは?

メンズもレディースも関係なしのおしゃれコーデ ジャージ編

すぐに使える1歳児、2歳児への誕生日プレゼント選びテクニック

浜松にオープンしたブログでも話題のうなぎパイのニコエが凄かった。

VEETの除毛クリームを実際に使って世界NO1の効果を確かめた。

【ヘアカラーのアッシュ系】市販カラーリングは美容師さんもおススメ

すぐ落ちて困ってる?アッシュ系ヘアカラーの色落ちを劇的に防ぐアレ

知ってる?市販のヘアカラーでプリン状態からキレイに染めるコツ

市販でブリーチするならコレを使え!美容師おすすめブリーチの使い方

英語を独学で身に付けるために使う高評価のおすすめ参考書と教材

価格も考えた掃除機おすすめメーカーはこれ。ダイソン買ったら負け組

犬の抜け毛で困っている人必見!!ペット用掃除機のおすすめリスト

JRも太鼓判!マキタのリチウム掃除機は家庭でも業務用でも最高峰

【買って良かった掃除機、損した掃除機】メーカーごとの徹底比較

【沖縄旅行で雨が降ったら?】台風シーズンの時期と雨の日の過ごし方

USJのオフィシャルホテルの比較!調べてわかった本当の格安ホテル

明日は?今週は?USJ(ユニバ)の天気予報がすぐにわかるまとめ

明日は?今週は?ディズニー(舞浜)の天気予報がすぐにわかるまとめ

【ディズニーレストランの楽しみ方】おすすめレストラン徹底攻略

【costco】コストコ通販は非会員でも利用可能なのはなぜ?

【菓子パンを冷凍保存】おいしい食べ方を色々試したら激ウマだった

コメントを残す

このページの先頭へ