留学せずに英語の日常会話を独学でマスターする為に必要な3つのこと

独学で英語の日常会話をマスターできたらいいですよね。

英会話教室に通ったり、留学したりせず、日常会話がスムーズに話せるようになるのは難しいと思ってあきらめていませんか?

 

独学でも、英語がペラペラに話せるようになっている人はたくさんいます。

単に海外旅行で使うだけでなく、通訳や海外企業に勤めるなど英語を仕事で使うレベルまで到達している人もたくさんいます。

 

英語は国内で、独学でも十分日常会話をマスターして英語で海外の人と楽しく話すことができるようになります。

 

ここでは、独学で留学せずに日常会話をマスターするための勉強方法をご紹介します。

スポンサーリンク


日本人が英語を話せないのは練習が足りないから

benkyo

日本人は中学・高校と6年間1000時間以上もの時間を英語を学んでいるのに、実際に英語が話せる人がとても少ないですよね。

最近は、日本に来る外国人観光客が多く街中で道などを聞かれることも多くなりました。

 

でも、聞かれた人が、困って固まってしまっている光景を街中でよく見ます。

難しい話しはしいなくて、相手も完璧な英語を求めていのに一言も返せない人が多いですよね。

 

なぜ日本人は、こんなにも英語を話せないのでしょうか?

それは、英語が向いていないから、能力が無いからではありません。

 

単純に、英語を使う練習量が圧倒的に足りないからです。

 

そもそも、日本では学校で自由に英文を書いたり、英語で意見を述べたり、リスニングをするというトレーニングをほとんどしません。

基礎もとても大切ですが、英語を使えるようになるためにはアウトプットの練習が欠かせません。

「その訓練をしていないのだから話せなくて当然!」なんです。

ちゃんとトレーニングをすれば、誰でも英語が話せるようになります。

 

数学のように英語フレーズを覚えよう!

bunrei

日常会話を独学でマスターしたい人にオススメなのは、数学の公式のように英語を覚える方法です。

 

日常会話はとてもシンプルなフレーズと、ボキャブラリーがあれば、その2種類を組み合わせれば、たいていのことは伝えられます。

フレーズが数学でいえば公式で、それを覚えてしまえばあとはボキャブラリーを公式に当てはめるだけでたくさん表現することができます。

実際に、中学レベルのフレーズで、ものすごくたくさんの表現ができます。

 

例えば

 

I like dogs.

(私は犬が好きです。)

 

という例文と、cat(猫)、apple(りんご)、music(音楽)3つの基本の単語を知っていれば、これらを入れ替えるだけで既に4つの文が言えることになります。

 

これに加えて

 

I like to play tennis.

(私はテニスをすることが好きです。)

 

という、動詞を組み合わせる形や、

 

I like dogs very much.
(私は犬がとても大好きです。)

 

など、どれくらい好きかを伝える定型文を知っていれば、さらにバリエーションが広がります。

 

英語を学んだことがある人なら、このレベルはだれでも知っている表現ですよね。

I like~のような基礎フレーズを50~60個くらい覚えて、基礎の単語を1000個くらい覚えれば日常の中で自分が伝えたいことはほとんど伝えられるようになります。

もちろん、伝えられるということは相手が言う英文も理解できるようになります。

 

基礎フレーズは、中学レベルの基本の参考書に載っているものを集めて覚えてみましょう。

単語は、基本の単語帳を1冊買って覚えればOKです。

 

たくさんのっているものではなく、基礎に絞っているもので例文や用法が載っている物がおすすめです。

 

基礎フレーズが効率的に覚えられる教材は七田式英語教材の「7+English(セブンプラスイングリッシュ)」です。

19800円の教材ですが、学習すべきことがシンプルにまとめてありますし、あれこれ参考書を迷って何冊も買うくらいなら、時間効率も考えると値段の価値はすごくあると思います。

 こちらですね ↓ ↓ ↓ 


話す前に、書くことから始めよう

eigokaku

基礎のフレーズと単語を覚えたら、その英語を使って自分が言いたいことを伝える練習をしましょう。

 

伝えるアウトプットの練習は、まずは書くことから始めるのがおすすめです。

書くことは、話すことより、調べて自分のペースで文を作ることができます。

書く練習は、毎日少しずつ英語で日記を書くことがおすすめです。

 

たくさん書く必要はなくて、1日5文くらいからでもいいので、続けられるペースにしましょう。

 

書いた文は、声にだして何度も発音してみましょう。

英語は日本語と違う筋肉を使って話すので、実際に口に出して練習することはとても大切です。

英語の日常会話を独学でマスターした人によくある話なのですが、自分で言えるようになった表現を、にブツブツ口に出してひとり言のように練習します。

はたから見ると、少しあやしい光景ですが、場面を想像しながら、何度も何度も口にだして、言いたい時にぱっと口から出てくるようにすることがすごく大切です。

 

シャドウイングで話す練習をしよう

eigo-kyo-zai

書く練習と併せて練習したいのは、シャドウイングというトレーニングです。

基礎フレーズを学んでいる参考書についているCDを聞きながら、そのフレーズを口に出して真似します。

 

このトレーニングは、リスニングの練習、英語を話す口の筋肉を鍛える練習と、フレーズそのままで覚えて日本語を介さずに話す練習の3つの練習が組み合わさっていて、とても効果的な学習方法です。

多くの英語上級者が取り入れている学習法です。

スポンサーリンク


実践で英語を使おう

gaikokujin

書く練習とシャドウイングをある程度こなして、少し英語が使えるようになってきたら実践で英語を話す練習をしましょう。

 

自宅で独学で勉強していて、実践で使う機会が無い人にオススメなのはオンライン英会話です。

オンラインでネイティブの先生と会話がたくさんできる、オンライン英会話はある程度基礎力がついた段階でスピーキングの練習としてはすごく効果的です。

月額制で、毎日レッスン出来るものがほとんどなので、何度も利用して練習しましょう。

お金をあまりかけられないという人は、無料体験をうまく活用してもいいと思います。

 

手軽に体験できる無料体験はこちら

↓ ↓ ↓


まとめ

english

英語が苦手といわれる日本人は、英語を使う訓練が圧倒的に足りないだけで英語の能力がないわけではありません。

 

日常会話をマスターするには、まずは基礎フレーズと基礎のボキャブラリーを覚えましょう。

 

そして、書く練習と、シャドウイングで聞く練習、話す練習をしましょう。

この段階で、かなり英語力が身についているので、あとはオンライン英会話など実践で英語を使って英語力を磨いていけば日常会話力がどんどんアップします。

留学しなくても、英会話教室に通わなくても、十分これで話せるようになります。

英語が話せれば、友達の幅も広がるし、海外旅行へ行っても単なる観光だけじゃなく現地の人と交流を楽しめるので、世界が広がりますよ。

スポンサーリンク


 

当サイトでよく読まれている&人気の記事です 

 

魔裟斗にも勝ったメンディーみたいに6パックに腹筋を劇的に割るコツ

【手相の結婚線】当たってる?当たってない?その真実とは?

メンズもレディースも関係なしのおしゃれコーデ ジャージ編

すぐに使える1歳児、2歳児への誕生日プレゼント選びテクニック

浜松にオープンしたブログでも話題のうなぎパイのニコエが凄かった。

VEETの除毛クリームを実際に使って世界NO1の効果を確かめた。

【ヘアカラーのアッシュ系】市販カラーリングは美容師さんもおススメ

すぐ落ちて困ってる?アッシュ系ヘアカラーの色落ちを劇的に防ぐアレ

知ってる?市販のヘアカラーでプリン状態からキレイに染めるコツ

市販でブリーチするならコレを使え!美容師おすすめブリーチの使い方

英語を独学で身に付けるために使う高評価のおすすめ参考書と教材

価格も考えた掃除機おすすめメーカーはこれ。ダイソン買ったら負け組

犬の抜け毛で困っている人必見!!ペット用掃除機のおすすめリスト

JRも太鼓判!マキタのリチウム掃除機は家庭でも業務用でも最高峰

【買って良かった掃除機、損した掃除機】メーカーごとの徹底比較

【沖縄旅行で雨が降ったら?】台風シーズンの時期と雨の日の過ごし方

USJのオフィシャルホテルの比較!調べてわかった本当の格安ホテル

明日は?今週は?USJ(ユニバ)の天気予報がすぐにわかるまとめ

明日は?今週は?ディズニー(舞浜)の天気予報がすぐにわかるまとめ

【ディズニーレストランの楽しみ方】おすすめレストラン徹底攻略

【costco】コストコ通販は非会員でも利用可能なのはなぜ?

【菓子パンを冷凍保存】おいしい食べ方を色々試したら激ウマだった

コメントを残す

このページの先頭へ