ダイソンが自動掃除機360Eyeを発売!吸引力などルンバとの比較

最近ロボット掃除機が人気ですね。

最初に登場したロボット掃除機と言えばルンバです。

今回ダイソンがロボット掃除機を発売することになりました。

ここではロボット掃除機の先駆者であるルンバと、新しく開発されたダイソンのロボット掃除機がどのように違うのか比較してみました。

スポンサーリンク


※ダイソンの掃除買おうか、悩んでますか?その前にこちらも読んでみてください。

価格も考えた掃除機おすすめメーカーはこれ。ダイソン買ったら負け組

【ダイソンの掃除機はよく故障する】メンテナンスと修理のQ&A

■ダイソン360Eye

dyson360

出典:dayson公式

ダイソンから発売される新しいロボット掃除機は「360Eye(スリーシックスティーアイ)」と言うそうです。

発売時期は当初2015年春に日本先行発売と言われていましたが、2015年秋に延期されました。

そして、ついに世界に先駆け日本で発売されました。

 

この360Eyeの発売が延期されたのは、日本の住環境での試験がうまくいっていないからだと言われています。

価格についても未定ですが、

大体13万円程度ではないかと言うのが有力な説です。

ただし、10年以上前開発されダイソンから発売されるはずだったロボット掃除機の価格が50万~60万円と言われていたので、高額になる可能性も否定できないようです。

 

11/8ついに金額が発表されました。

149,040円(税込み)です。

 

※ロボット掃除機は高ければいいというわけではない?

ツカモトエイムのロボット掃除機(robo01)がバカにできない

■ルンバとの比較・形状、装備編

dyson360runba

出典:dayson公式 iRobot 公式ページ

ここからはルンバの上位モデル800シリーズとの比較になります。

ダイソンの360Eyeの大きさは幅24.2×奥行23.0×高さ12.0cmです。

 

一方ルンバの800シリーズは直径35.3×高さ9.2cmですので、ダイソンの360Eyeの幅と奥行はかなり小さくなっています。

それに引き換え、高さがルンバと比べかなり高くなっていることが分かります。

普通のロボット掃除機の高さからするとありえない高さだそうです。

 

これでは家具のすき間をもぐりこんで掃除すると言うのは難しいかもしれません。

また、ルンバにはついているサイドブラシが360Eyeにはついていません。

よって、部屋の隅の掃除がしにくい形状になっています。

 

ですが、サイドブラシがない分交換の必要もないので、ルンバと比べて後の出費は抑えられるとも言えます。

それから、ルンバにはついているバンパーセンサーがありません。

バンパーセンサーとは、障害物に当たった時に本体の方向を変える機能です。

 

360Eyeには赤外線センサーと共に360度カメラがついていますので、それにより障害物を認識しやすくぶつかる可能性が低いのに加え、

それほど高速で動かないので当たっても衝撃はたいしたことがないと言う考えなのでしょう。

気になる場合はクッションラバーを貼ったりして対処する必要がありそうです。

■ルンバとの比較・機能編

virtual-wall
出典:iRobot 公式ページ

ルンバにはバーチャルウォールと言う機能がついています。

これは、ロボット掃除機に入ってきてほしくない場所を設定することができる機能です。

360Eyeにはこの機能がついていません。

 

360e-jyuden
出典:dayson公式

さらに360Eyeは稼働時間が30分と短く、3LDKを掃除させようとすると一度充電に戻ってしまいます。

そのあと止まった場所から再稼働する仕組みなのですが、これではある特定の部屋は掃除しなくてもよいと指示することができません。

 

この機能は他のロボット掃除機でも重宝されている機能なので、もしかしたら将来的には360Eyeにもついてくる機能かもしれませんね。

また、ルンバについているゴミセンサー機能もありません。

 

ゴミセンサー機能がついているロボット掃除機はまだそれほどないようですが、ダイソンの360Eyeはその吸引力に自信があるからかゴミセンサーをつけていません。

 

もしくは、ダイソンにそもそもセンサーがないので、ゴミを見つけるたびにパワーを上げていると電池の減りがさらに早くなってしまい掃除がなかなか終わらないと言う心配から来ているとも噂されています。

 

また細かな指示はスマートフォンからのみ可能となっています。

リモコンはないですし、スイッチもスタートボタンしかありません。

 

その代わりスマートフォンのアプリから時刻予約や、掃除状況のチェックができ、ソフトウェアの更新が可能です。

ですがこれもWi-Fi環境が整っていないと使えない機能だそうです。

スポンサーリンク


色々ないない尽くしのダイソン360Eyeですが、このシンプルさが当初の50万~60万円とも言われていた価格が

15万円弱に下がった所以かもしれませんね。

 

ルンバの800シリーズで一番高価なものでは約8万円となりますので、やはりそれなりには高価と言えるとは思いますが。

 

シンプルな機能にはなっていますがダイソン社が言うには、360Eyeは今市販されているロボット掃除機の20倍もの吸引力を自慢としています。

一方のルンバでは、吸引力に不満と言う人もかなりいるようです。

 

ロボット掃除機を先に発売したルンバのアイロボット社も、ダイソンがロボット掃除機の発売に参入することでかなり刺激になっているようです。

こうしてお互いが意識することで今後もより良い製品ができることを期待したいですね。

スポンサーリンク


 

当サイトでよく読まれている&人気の記事です 

 

魔裟斗にも勝ったメンディーみたいに6パックに腹筋を劇的に割るコツ

【手相の結婚線】当たってる?当たってない?その真実とは?

メンズもレディースも関係なしのおしゃれコーデ ジャージ編

すぐに使える1歳児、2歳児への誕生日プレゼント選びテクニック

浜松にオープンしたブログでも話題のうなぎパイのニコエが凄かった。

VEETの除毛クリームを実際に使って世界NO1の効果を確かめた。

【ヘアカラーのアッシュ系】市販カラーリングは美容師さんもおススメ

すぐ落ちて困ってる?アッシュ系ヘアカラーの色落ちを劇的に防ぐアレ

知ってる?市販のヘアカラーでプリン状態からキレイに染めるコツ

市販でブリーチするならコレを使え!美容師おすすめブリーチの使い方

英語を独学で身に付けるために使う高評価のおすすめ参考書と教材

価格も考えた掃除機おすすめメーカーはこれ。ダイソン買ったら負け組

犬の抜け毛で困っている人必見!!ペット用掃除機のおすすめリスト

JRも太鼓判!マキタのリチウム掃除機は家庭でも業務用でも最高峰

【買って良かった掃除機、損した掃除機】メーカーごとの徹底比較

【沖縄旅行で雨が降ったら?】台風シーズンの時期と雨の日の過ごし方

USJのオフィシャルホテルの比較!調べてわかった本当の格安ホテル

明日は?今週は?USJ(ユニバ)の天気予報がすぐにわかるまとめ

明日は?今週は?ディズニー(舞浜)の天気予報がすぐにわかるまとめ

【ディズニーレストランの楽しみ方】おすすめレストラン徹底攻略

【costco】コストコ通販は非会員でも利用可能なのはなぜ?

【菓子パンを冷凍保存】おいしい食べ方を色々試したら激ウマだった

コメントを残す

このページの先頭へ